アプローチは球を飛ばす必要がないので、手や腕の使い方が大事だと思いますが、どうでしょうか。

123 views
0

アプローチは球を飛ばす必要がないので、手や腕の使い方が大事だと思いますが、そうではないのでしょうか。

0

アプローチは動きが小さいからこそ遠心力が生まれずに、ヘッドの動きを安定させるのが難しいショットだと言えます。だから、小手先ではなく大きな筋肉を使って、全身のエネルギーを使って打つ必要があります。

 

アプローチの練習方法では、片手で安定して打てるようになると、手の無駄な動きが消えます。
片手で安定して打てるようになったら両手はとっても簡単であり、アプローチがもっと効率よく上手になります。右手一本で打ってみると、手の力だ毛ではヘッドの動きが安定せずに、ダフリやトップが出やすいことがわかると思います。右手で右脇を軽く締め、手を振らずに体の動きでヘッドを動かすことを覚えましょう。
腹筋や背筋など、体の大きな筋肉を使えば打点が安定していきます。左手一本も基本的には同じですが、よりフェースの向きも意識して、左手が弾道の高さや方向性を生み出すことを感じましょう。