同伴競技者のパットを参考に

同伴競技者のパットを参考に。外したパットこそ参考になります。

同伴競技者のパットを漠然と見ていてはいけません。自分のパットの参考にするために、転がり方やキレ方を参考にしましょう。6メートル以内のミドルパットは、急傾斜でもない限り、カップインを狙うパットです。
肘から先の形を変えずにストロークすることで、狙った通りの距離を出すことができます。
ストレートのラインならカップインを狙っていきましょう。ストレートか、ワンカップ程度曲がるのか迷った時は、曲がる場合は距離感が合わないと入りませんので、まっすぐのラインを信じて打ちましょう。

ミドルパットのラインの読みは、同伴競技者のラインが参考になります。特に同じ方向から打つ同伴競技者のパットは参考にすべきです。できれば、カップインさせるよりも、カップのふちを通り過ぎて外してくれた方が、オーバーの距離もわかります。

二カップ程度曲がるミドルパットは、狙う方向が二センチ狂うと入りません。方向と距離感が一致してはじめて入ります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ