右手の使いすぎを抑えるには

右手の使いすぎを抑えたいと悩む方が多いと思います。右手を使いすぎていると、左へヒッカケるミスが増えます。

右手というのは上手に使うことが大事

両手でクラブを握っている限り、右手は使います。右手を使うことは決して悪いことではありません。フェースローテーションに大きな悪影響を及ぼしていないかチェックしましょう。クラブを強く握りすぎ、肘から先を捻るように使ってしまうと、どうしてもフェースローテーションが大きくなります。ヒッカケのミスが多いのはそのためです。

左のリードがあって初めて右手を使うことができます。左手よりも右手を強く使っているとよくありません。ゴルフのスイングはあくまで左サイドがリードしなくてはいけません。 強さの割合でいけば、左右均等か左が強いのが普通です。左サイドに引っ張られる動きと、それをサポートする右手という関係があります。

方向性や距離感は、右手の指先の感覚で出しています。インパクトの衝撃を受け止め、フェースの向きやプレーンをコントロールし、タッチ、スピード、リラックス感を出していくのは右手の役割と考えましょう。

練習方法

練習方法としては、片手でボールを打つのが良いでしょう。右手一本で打ってみましょう。使用クラブは8番。自分の飛距離の6〜7割の距離を打ちましょう。
左手一本でスイングの練習もしましょう。左リードの感覚をつかみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ