プレー前の心構えが大切

プレー前の心構えが大切です。
誰でもプレー前には作戦を立てます。立てない人は良い結果を出せるはずがありません。作戦の立て方は例えば、以下のようになります。
(1)各ホールを思い浮かべ、どう攻めるかを考え、スコア計算をします
(2)スイングの注意(どのクラブが調子がいいか、悪いか)

ゴルフは何が起こるか分からないし、ミスのゲームでもあります。そこで、メンタル面の準備、つまり、心の準備がとても大切です。ミスのたびに動揺しないために、焦らず、怒らず、諦めず、の3訓を肝に銘じましょう。

また、どんな状況やショットでミスが多いか、を自分なりに知っているはずです。これをどう補えば、成功するかも知っているはずです。そうした経験からくる教訓の代表的なものをメモしましょう。「今日は、ーーと〜ーの2つについて徹底して注意する」と決心し、それをメモしてポケットに入れ、スタート前やラウンド中に見て再確認しましょう。

メモを見るという動作そのものが、ボールを打つのと違った行為なので、気持ちを新鮮にさせる効果があります。一種の気分転換になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ