フォローを大きく

フォローを大きくしましょう。飛距離、方向性を向上させるには、フォローを大きくする必要があります。プロのスイングを見ると、フォローでみんな腕が伸びてて、非常に大きいです。このようなフォローにならない原因は、グリップや腕、肩など上体の力感が強すぎることにあります。そのため、スイング中にクラブに働く遠心力を妨げてしまい、フォローは小さくなってしまいます。クラブに振られる感じをつかむことが大切です。フォローで息を止めないようにしてください。また、ダウンやインパクトで体の回転が止まるとフォローが小さくなりますので、脚や腰の動きが止まらないように意識してください。下半身の動きが大きなフォローを生みます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ