ヒールボールを直すには

ヒールボールを直すには、ヒールに当たってしまう原因を特定しましょう。

初心者は、ボールポジションが体に近いことでヒールボールになるケースが多いです。手が体から離れるとヒールボールになりやすいです。アドレスした時に腕を脱力し、真下に下ろしたところでグリップするようにしましょう。基本的に、アウトサイドインはトウに当たりやすく、インサイドアウトになればヒールに当たりやすくなります。

練習方法

練習方法としては、小さなスイングで芯に当てる練習があります。クラブを握る力を極力ゼロにして、10ヤードくらいをコンコンと打つ練習です。ヘッドの重さでクラブを下ろし、ピンポン球を打つくらいのイメージで打ってみましょう。これでボールが芯に当たるようになったら、徐々にスイングの幅を大きくしていきます。
また、片手に1本ずつ、計2本のクラブを持って素振りをするのも良いでしょう。手でクラブを動かそうとすると、クラブが暴れて、連続してスイングできません。あくまで、ヘッドの重さを感じるようにして、重心の移動に対してクラブが動くような感覚でスイングするようにしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ