ダウンスイングで体が伸び上がらないように

ダウンスイングで体が伸び上がってないでしょうか。これはエネルギーが上に逃げている証拠です。いくら力を入れても飛距離は出ないことになります。
プロのフォームを見ると、トップからダウンにかけて、体が一瞬沈み込みます。この動きがボールにパワーを伝えます。
バックスイングでは右の股関節を入れる動きで、右の股関節に上体を乗せます。そして、ダウンからフォローにかけて、左の股関節を入れて、左の股関節に上体を乗せます。この上体を右の股関節から左の股関節に移す瞬間に、上体は股関節から外れます。重力によって重心が少し落ちます。これがダウンスイングの沈み込み動作になります。この動きができるようになりますと、重力の力を使えるようになりますから、大きなエネルギーをボールに伝えることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ