スピンアウトを防ぐ

ダウンスイングで左腰が引けると、スライスとヒッカケを生じやすくなります。ダウンで軸を左に作れないと、スピンアウトします。ダウンスイングからインパクトにかけて体重が右に残り、左腰が後ろに引ける動きをスピンアウトと言います。このスピンアウトの動きで打っていると、軌道がアウトサイドインになりやすく、ボールを右に打ち出すことができません。そのため、球筋はスライスかヒッカケになります。

スピンアウトになる原因

(1)スイング中にフェースが開く
(2)目標の右を向いて左に引っ張って打っている
(3)トップでシャフトが目標の右を指す
(4)グリップがウィークすぎる
(5)アドレスで左腕よりも右腕を長く構えている
(6)上体からダウンを始動する(クラブを手の力で引き下ろそうとする)
(7)ボールの位置が右すぎる

スピンアウトに共通するのは、ダウンからインパクトにかけて軸が左に作れていないということを指しています。右足を中心に回転してしまうから、左腰が引けてしまいます。左足を軸としたダウンスイングの感覚を覚えることがポイントです。

スピンアウトしてしまう人は、左足に対して腰が開きすぎてインパクトしています。左足に軸を作り、左足に対してスクエアにインパクトする感覚をマスターしましょう。

練習方法

(1)まずは、正しいインパクトのポジションを覚えましょう。左股関節に体重を乗せ、左膝には柔軟性をもたせます。その状態から、ハンドファーストでボールを捉える形を作ってみます。
(2)右足でカゴなどを踏んでミドルアイアンを打ちましょう。右足でものを踏んでおくと、自然に左足に体重がかかります。左股関節にプレッシャーを感じ、左膝が正面を向いて伸び上がらないようにしてスイングしてください。大きなフィニッシュを取らないことが大切です。フォローは腰の高さで抑え、ダウンで左足に対するスクエアなラインを作ることに集中します。

(3)これでボールが打てるようになったら、インパクトで右手を離し、左手一本でフォローを取る練習をしてみましょう。この時も、ダウンスイングで左軸を作ることを意識することが大切です。フォローは右手を離した惰性に任せ、左腰が引ける動きを抑えてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ