ゴルフの基本と原則

ゴルフの基本と原則は以下の5要素であると考えます。以下に簡単に説明致します。

ゴルフスイングの基本(1)クラブの芯で打つこと
ゴルフスイングの基本(2)ダウンとフォローでスイングプレーンにのせる
ゴルフスイングの基本(3)自分に合った一定のリズムとバランスでスイング
ゴルフスイングの基本(4)正しいアドレス
ゴルフスイングの基本(5)正しい体重移動

ゴルフスイングの基本(1)クラブの芯で打つこと

ボールを打った時に、手にビシビシ伝わる感触があれば、それは芯を外している証拠です。芯に当たった時は、感触は非常に軽く、手元に衝撃はほとんどありません。「芯に当たれば軽い」ということを念頭に置いて練習しましょう。

ゴルフスイングの基本(2)ダウンスイングとフォロースルーで正しいスイングプレーンにのせること

スイングプレーンは、アドレスで球から首の付け根に達する面であると考えています。バックスイングでもダウンスイングでもクラブがこの面にぶつからないようにスイングすることが大切です。

ゴルフスイングの基本(3)自分に合った一定のリズムとバランスでスイング

1、2、3と自分の心の中でリズムを唱えながらスイングしましょう。そうすることで、緊張した場面でも、自分の中のリズムでヒットできます。アドレスで1、トップで2、ヒットで3と一定のリズムをとることが大切です。

ゴルフスイングの基本(4)正しいアドレス

アドレスの時に、パートナーに背中側から押してもらってください。その時に、すぐに腰砕けになってませんでしょうか。そうなる場合、アドレスが正しくありません。しっかりと腰を据えたアドレスが正しいアドレスです。背筋を伸ばし、腰でクラブを持つようにして、腰を据えたアドレスをマスターしてください。

ゴルフスイングの基本(5)正しい体重移動

例えば、体重が70キロの人でしたら、バックスイングでは右足に100キロのエネルギーがかかり、ダウンからフォローにかけては左足に120キロくらいのエネルギーがかかるのが、正しい体重移動です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ