グリップがおかしい、違和感がある方へ

ゴルフをはじめてしばらく経つと様々な悩みが生じてきます。その代表的な例が、グリップで、毎回同じ感覚で握れないというものです。いい感じのときもあるが、ときどき違和感もあって握りにくいというものです。
毎回同じ感覚で握れるようになるにはコツがあります。
ポイントは、クラブを「握る」のではなく、「持つ」ようにすべきだということです。グリップが安定しない人は例外なくグリッププレッシャーが強すぎるということです。それは、クラブを握るという意識が強すぎることに起因しています。強く握るとそれだけクラブの重さを感じることができなくなります。そして、クラブを握る強さが安定しないので、感じる重さが毎日変わるというわけです。したがって、クラブを「持つ」ようにすると、そのクラブの重さの分だけの力しか使わなくなります。そうすると、持つ強さが安定し、毎回同じ感覚でグリップできるようになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ