アプローチはオープンスタンスで打つ

プロの9割以上がアプローチの時オープンスタンスです。これは、目標を視界のおくことができるからです。スタンスをターゲットラインに対して平行にしてしまうと、どうしても右の視界が広くなってしまいます。すると、目標に寄せようとした時に、左にヒッカケやすくなってしまいます。オープンスタンスにして、目標を視界のセンターに取ることで、ヒッカケを防ぎ、より正確にボールを目標に運ぶ準備をしています。また、インパクトの形に近づけて、構えたいと考えています。インパクトではプロは左腰が開いて、体重が左に乗っています。この形をアドレスから作ることを考えましょう。

アプローチというのは動きが小さいだけに、ちょっとしたダフリが大きなミスにつながります。
なるべくインパクトを正確にするためには、インパクトの形で構えておきたいです。前もってインパクトの形を作っておくと、無駄な動きをしにくくなるので、クラブを手でコントロールするのではなく、重心や大きな筋肉を動かすことによって、操作しやすくなるというメリットをうみます。
オープンスタンスでボールに構えた時に左サイドの筋肉に張りを作ることが大事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ