アイアンをもっと飛ばすには

アイアンをもっと飛ばしたいと悩む方も多いと思います。アイアンの弾道が高いと、飛距離が出ません。しかし、アイアンは飛ばすクラブではなく、番手通りの距離を出すことを目的としたクラブです。アイアンが飛ばなくても、番手ごとの飛距離が安定していれば、問題はありません。

アイアンがロフト通りの角度で上がる

アイアンがロフト通りの角度で上がってしまうとしたら、問題があります。アイアンは、地面にあるボールをハンドファーストで捉えるため、ロフトよりもかなり低い角度で打ち出されるものです。打ち出し角度がロフト通りだとしたら、それはハンドファーストにとらえられていない証拠です。
インパクトでハンドファーストに打てないというのは、ダウンスイングにおけるクラブのリリースが早いために、ヘッドが早く落ち、ロフトが寝た状態でインパクトしていると考えましょう。

球が上がりすぎる人

球が上がりすぎる人は、(1)ボール位置が左すぎる。(2)手打ちスイングのためにバックスイングが大きく、フォローが小さい、(3)インパクトで体重が右に残る、などの傾向があります。
まずはクラブを短く持ち、ボールをスタンスのセンターにおいて練習するようにしましょう。そして、いつもよりトップをコンパクトにして、同じ距離を出すようにしてください。
また、右足体重でインパクトする動きを身につけるために、右足をカゴなどに乗せてボールを打つようにすると良いでしょう。
ハンドファーストに捉えることができれば、打ち出しは低くても、途中から若干吹き上がるような球筋になります。
ウェッジなどで打った時に、低くスピンの効いた球が打てて、グリーンに落ちてからバックスピンで戻るようになったら、合格です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ